「緊急ミッション」カテゴリーアーカイブ

『討妖の狙撃手』後半攻略

今週の緊急ミッションは
『討妖の狙撃手』。

討妖の狙撃手アオバさんのお話、後半です。

 
 
 
ぬらす、ふきとる、ぬらす、ふきとる
(´・ω・`)フキフキ

モル
「ちょっと、何やってるの!?」

ふっふっふ・・・。

聞いて驚け!

これが人間を鬼のように強くする天狗様の特訓なのです!

灯籠を磨くことによって、身体能力が劇的にアップ!

コレで体を鍛えて、酒呑童子に望むのです!

モル
「そうじゃなくて、この灯籠よ」

モル
「なんで執務室のど真ん中にこんな大きな灯籠があるのよ!?」

特訓のためです!
(`・ω・´)

モル
「外でやりなさい!」

だって寒いんだもん・・・。
(´・ω・`)

両手にそれぞれ、『濡れ雑巾』と、『乾いた雑巾』もって拭くんですけど、乾燥するこの季節、すぐ両方『乾いた雑巾』になっちゃう・・・。

モル
「どうでもいいわよ、そんなこと!」
 
モル
「それに、その特訓、意味ないから」

いえいえ、そんなことないですよ。
(`・ω・´)/~/

ココに天狗パワーが溜まってきているのがわかりますもん。
 
実績だってあるんですよ。
 
アオバさん、出会った頃はLv1だったのに、コノハさんの修業を受けて、なんとLv.40になってます。
(´・ω・`)スゴォイ
 
 
びふぉー。
(@修練への道)

あふたー!!
(@師の教え)

モル
「貴方、そこそこ数字に強いのに、基本アホなのよねぇ」

なにおぅ!
∑( ̄皿 ̄キィー

モル
「Lv.1からLv.40って、プラチナアーマーの8倍合成、1回分程度の経験値じゃない」

えっ、まじで!?
Σ(゚Д゚)

モル
「ほら、ちょっとだけ足りないけど、こんな感じ」

・・・ほんとだ・・・。

モル
「それに、貴方は既にLv.99(Rank390)でしょうに・・・」

(´・ω・`)アッ・・・。
 
 
モル
「・・・気づいてないかもしれないけど、天狗なんかに頼らなくても、この軍の育成環境って、かなり優れてるのよ」

そうなの?

モル
「そうよ、それもあって、この国の軍事力って、ちょっと洒落にならないレベルになってきてるわね」

そう言われると、強い人は多いなぁ。

モル
「育成環境に加えて、人材が優秀・・・各国の姫とか、剣聖とか、闇エルフの女王とか、世界最高クラスと言っても過言じゃないかもしれないわね」

ヒュ~♪

モル
「果ては魔神、仙人、九尾狐・・・節操がないわね」

(*´ω`*)ヒュウ
 
 
モル
「(・・・それだけの軍事力の統率者が、灯籠拭いて喜んでるって、この国大丈夫なのかしら・・・)」
 
 
(´・ω・`)??
 
 
モル
「それより、無駄って分かったなら、この灯籠どかして頂戴、無駄に大きいし、やたら眩しいし、邪魔で仕方がないわ」

作り付けなんで、ちょっと・・・。
(´・ω・`)
 
 
モル
「・・・」
 
 
・・・。

・・・あとでイブキさんかキバ姫ちゃんに取り壊してもらいますよ。 
(´・ω・`)b
 
 
お、そろそろ軍略会議の時間ですね。

今日は、『討妖の狙撃手』後半について、見ていきましょう!
 
 
続きを読む 『討妖の狙撃手』後半攻略

『討妖の狙撃手』前半攻略

今年最初の試練ミッションは
『討妖の狙撃手』。

メインヒロインは
『討妖の狙撃手アオバ』さん。
 
 
ありゃりゃ、カンチガイ娘か。

モル
「まったく、嫌になっちゃうわ」

どうしました?

モル
「山で狼の群れと戦った時、この子たちにも発砲してきたのよ!」


「・・・Waon・・・」

あらあら。

彼女、バシラさんやネーニャさんの猫耳(的なもの)を見ただけで襲いかかって来ましたからね。

うちの軍にはリアルに妖怪な方々もいますから、どうなることやら。

モル
「そうねぇ、カヨウにイナリ、シノにイブキ・・・って、鬼刃姫なんか、酒呑童子の娘じゃない」

モル
「アオバって、酒呑童子を討つことが目的なんでしょ?」

ですねぇ・・・。。
( ̄з ̄) ~♪

アオバさんと鬼刃姫、実際には『打等!酒呑童子』で目的は一致してるんですけどねぇ。

モル
「それでも、鬼刃姫の肩書きを聞いただけで発泡するんじゃない?」

するでしょうねぇ・・・。
( ̄з ̄) ~♪

まあ。鬼刃姫バカ強いんで、むしろアオバさんのほうが心配かな。

怒った鬼刃姫はカワイイ・・・超怖いんで、狙撃兵とか簡単に折られそう。
 
 
 
モル
「そういえば話は変わるけど、『三大妖怪』とか貴方が好きそうな単語が出てきたけど、酒呑童子、九尾狐、ぬらりひょんでいいのかしら?」

待ってください、ちょっと調べてみます。

(´・ω・`)ガサゴソ

モル
「なにそれ?」

『うぃきぺでぃあ(書籍版)』です。

モル
「・・・。」

え~っと、『日本三大妖怪』といえば、鬼、天狗、河童らしいですけど、『日本三大”悪”妖怪』というと、酒呑童子(鬼)、玉藻前(白面金毛九尾の狐)、崇徳上皇(大天狗)というのが一般的かな。

モル
「狐はカヨウでいいのよね?」

さすがにタマモさんではないと思いますよ。

モル
「ってことは、酒呑童子、カヨウ、・・・大天狗は、・・・まだ出てきてないってことでいいのかしら」

でしょうね。
 
 
・・・大天狗・・・。
 
 
Σ(゚Д゚)ピコーン!
 
 
見えましたぞ。
 
 
突然の大天狗予想!

①妖怪系魔神降臨ミッションのボス

②適当な緊急ミッションで地味に敵として出てきて、適当な緊急ミッションで地味に死ぬ

③討妖の狙撃手後半(来週)に登場の美少女が大天狗、春ぐらいにレア黒として召喚に乗る

 
③番希望、③番希望♪

モル
「(またロクでもない事を・・・)」
 
 
さて、テンションも上がったところで、緊急ミッション『討妖の狙撃手』前半、攻略していきましょう♪
 
 
続きを読む 『討妖の狙撃手』前半攻略

復刻ミッション『妖怪大戦』攻略

現在開催中の復刻ミッションは、
『妖怪大戦』
封妖の忍者ナギさんのお話です。

 
 
 

ぬらじいさぁ~ん!!
(´;ω;`)

 

よく帰ってきたぁ!!

待ってたぞぉ!

モル
「こらこら、帰ってきてないわよ。復刻でしょ」

(´・ω・`)フッコク…??

モル
「そういうリアクションされると説明に困るわね・・・タイムトラベル・・・いや、思い出的な・・・?」

そっか・・・。

ぬらじいさん、これから先、もう出てこないのかな。

鬼刃衆、大天使長と並んで、お気に入りの敵トップ3なのに。

好きな敵から消えていく・・・。
(´・ω・`)

モル
「ぬらりひょん、鬼刃衆、大天使長・・・って、どこがいいの? 全部鬱陶しいだけじゃない」

う~ん。

ぬらじいさんは、やっつける度に「ひぃっ、やれ逃げろ!?」ってやってくれるところかな。

モル
「悪役みたいなこと言わないの」
 
 
モル
「それはそうと、ぬらりひょんがリタイアして、シノが仲間になったんだから、妖怪の大多数は味方ってことでいいのかしら」

どうですかね。

シノさんイベントの感じからすると、風神雷神は味方でしょうが、妖怪もエルフみたく派閥がありますから。

とりあえず酒呑童子グループとは対立してますしね。

モル
「そっか・・あと、気になってたんだけれど、シノって何歳なの?ぬらりひょんの”孫”じゃなくて、”娘”なんでしょ?」

ああ・・。
(´ε`;)

それについては、以前本人にそれとなく聞いてみたのですが・・・。

なんだか、ドスをちらつかせて、同じ話題を振った時のミレイユさんみたいな顔されたので、すぐ話を引っ込めました。

モル
「ああ・・・そういう・・・」

・・怖かった・・・。
(´・ω・`)クワバラ,クワバラ

モル
「気をつけなさいね、シノ率いる妖怪軍団と戦争なんてなったらまた面倒なんだから」

分かってますとも。
( ー`дー´)

それでは、『妖怪大戦』攻略していきましょうかね。
 
 
続きを読む 復刻ミッション『妖怪大戦』攻略

『女神の封印』後半攻略

三周年を記念する緊急ミッションは『女神の封印』。
2016-12-03-23-06-28
本日は、後半戦の攻略、行ってみましょう!
 
 
 
やべぇ、こりゃやべぇ。

カッコよすぎんだろ皇帝。

トト
「それに比べてこっちの王子は・・・」
 
・・・申し訳ない。

トト
「これから先、皇帝⇔王子の切り替えでいいんじゃないですかね」

いやいや、あんなバトルマニアみたいな人に、皆がついて行くわけないじゃないですか。

トト
「どうでしょうかねぇ、帝国の人の反応を見ると、皇帝さん、ものすごいカリスマですよ」

(´・ω・`)??

トト
「王子のカリスマって、数字で言うと”427”って、すごく中途半端な数じゃないですか」

はい、そうですけど・・・。

トト
「皇帝さんはきっと1000ぐらいはあるでしょうから、みんなそっちの方がいいんじゃないですかね」

ぐぬぬ・・・。

トト
「スタミナにしたって、皇帝さんのほうが多いでしょうし」

トト
「来週からは、『千年戦争アダマス』スタートですね」

ちょっとまったぁ!!

トト
「なんです?」

カリスマはわかりませんが、スタミナに関しては負けていませんよ。
(`・д・´)b

トト
「だって、覚醒前で比較すると、皇帝さんのほうがステータス圧倒的に高いんでしょ?」

ふっふっふ・・・そう思うでしょ?

トト
「違うんですか?」

これを見てください。
2016-12-03-23-13-13

トト
「えっ・・・そんなに変わらない・・・」 

そうですよ♪

バフとかレベルとか、色々言いたいことはあるかもしれませんが、意外といい勝負なのですよ。

それでは、ミッション攻略行ってみましょう!
 
続きを読む 『女神の封印』後半攻略

『女神の封印』前半攻略

三周年を記念する緊急ミッションは『女神の封印』。
20161125_224938

そして、今回のイベントのヒロインは、白の皇帝。
 
 
皇帝の実装はもう少し先になるかと思ってましたが、意外と早かったですね。

団長のときのように、本人同士ですったもんだあるかと思ってましたが・・・。

モル
「そもそも、貴方と皇帝って、面識あるの?」

ないですよ。

伝達は大体レオナさんがやってくれてますし、戦場でも剣を交えたことはないですね。

聞くところによると、皇帝は武力で白の帝国をまとめていて、自らも最前線に立って戦うって言うじゃないですか。

イケイケの体育会系って、少し苦手・・・。
(´・ω・`)

モル
「貴方は完全にひき・・・”インドア派”で、外に出ても殆ど話さないものね」

お恥ずかしい限り・・・。
(*´ω`*)

モル
「・・・寝室では饒舌って聞くけど?」

お恥ずかしい限り・・・。
(*´ω`*)
 
 
再来週には皇帝と酒を酌み交わす事になりそうですが、どうなることやら。

酒を交わすなら、ジェロームさんが一番ですね。
 
 
それでは、本日は「女神の封印」前半を攻略していきましょう。
 
 
 
続きを読む 『女神の封印』前半攻略